-PR-

【1歳7ヶ月&5歳4ヶ月】#おうちほいくえん はじめました(1)構想〜1日のスケジュール

20200415.png

4月13日から保育園の登園を自粛して、おうちほいくえんをはじめました。どんな風にやっているかのレポートです。

まだ3日目なのでこの先うまくいくかわからないんですが、とりあえず中間報告です。


#おうちほいくえん はじめました(1)構想〜1日のスケジュール

#おうちほいくえん はじめました(2)月間スケジュール

#おうちほいくえん はじめました(3)食事について

#おうちほいくえん はじめました(4)ワークについて

#おうちほいくえん はじめました(5)シール帳について

#おうちほいくえん はじめました(6)音楽について

#おうちほいくえん はじめました(7)ルールについて

おうちほいくえんの構想

「おうちほいくえん」というのは自分の子どもたちだけのために、自宅での生活を保育園のように規則正しくすることを指しています。

それにあたって「普段保育園がある時間はできる限り保育園のタイムスケジュールをなぞって生活をする」という目標を立てました。

お休みの日のノリで3週間生活し続けると確実に飽きるし疲れるしイライラするので、「おうちほいくえんに通っている」という体裁をとることにしたのです。

私が先生、5歳息子が年長さん、1歳ムスメが乳児クラスという役割を演じることで、お互いに怠惰になりすぎなくなるのではないかという狙いもあります。

「おうちほいくえん」の間は、私はスマホはしないことにし、子ども達もテレビ・動画を見ないことにしています。

スマホやテレビをやめてみたら、不安を煽る情報を入れる機会が減るので意外とここ2日穏やかな気分で過ごせてます。おうちほいくえん終了後にはちゃんと情報を集めているので情報が足りないということもないです。意外と良いかもと思ってます。

おうちほいくえんの1

最初にムスコに保育園での生活を詳細にヒアリングしました。

【9時】 朝の会
おはようのうた→月替わりの歌→朝のご挨拶、今日の日付、天気→出欠点呼→出席シール貼付・検温→水分補給(乳児クラス)→絵本読み聞かせ

【9時半】クラスごとの活動
乳児クラスは室内遊び、幼児クラスは月木英語、火金ワークブック、水体育

【10時】散歩~外遊び

【11時】帰園~手洗いうがい

【11時半】昼食準備、昼食挨拶、昼食

【12時】昼食片付け、着替え・歯磨き、お昼寝準備

【13時】お昼寝(眠れない年長児は静かに横になる/ひとり遊び)
この時間帯に先生方が事務処理や会議をしている

【15時】おやつ準備、おやつ、おやつ片付け

【15時半】リトミック

【16時】帰りの会
おかえりの歌→おかえりの挨拶

〜以降それぞれの家庭のお迎えまで自由遊び


これを聞いて、保育園通り"昼寝時間"の確保をすれば、自分の自由時間にできるな...と思いました。
ちなみに今これを書いているのはまさに"昼寝時間"です。ムスメはぐっすり眠っていて、ムスコはプラレールで遊んでくれてます。

保育園の先生は複数人いるので、分業することでカバーしている部分(例えば外遊びをしている間に給食の準備をするとか)は私1人なのでどうしようもないですが、それ以外を家事をこなしつつ1日のスケジュールにあてこんだものがこちらです。

スクリーンショット 2020-04-15 14.02.45.png

基本的に私もこの期間は外出を自粛することを生活のメインにして、本当はSNSとかブログとかの企画もやりたかったのですが、今はやめることに決めました。
そうすると、意外と早朝に起きるとか、深夜まで何かするとか、無理をしなくてもできる感じになりました。

--

SUZURIでTシャツやステッカーなどのグッズ発売中です。
4/16までセール中のようですので、よかったらこの機会に!
1561436749-2520x2992.png.jpg

--

BOOTHという通販サイトで絵本の販売を開始しました

https://iso-meshi.booth.pm/
36ページ/フルカラー/770円/おまけつきです!

--

「ベビーカーで来店OKマーク」配布サイト

↓こちらからどうぞ!

--

先日コミティアで発行していた漫画の通販です!

電子書籍での販売も開始しました!

電子書籍はこちら(500円)

紙はこちら(700円)
040030812816-1p.jpg

電子書籍版は、夏に発行したものも販売してます!
よかったらぜひお手に取っていただければと〜

--

0歳児の似顔絵が作れるジェネレーターです
--

過去の人気記事はこちらから

※ LINEスタンプ発売中です。(おにぎりのいそメシです)

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントする