-PR-

異世代交流ラボの「働くママの子育てをラクにする家の整え方」に参加してきました。&小学生ママたちにきいた色々きになる話

子育てをラクにする.png川崎市の市民グループ「異世代交流ラボ」が主催する「働くママの子育てをラクにする家の整え方」という講座に参加してきました。

保育園に案内のチラシがきていたのですが、ちょうど旦那と「家が手狭になってきたよね」「片付けないとね」というような話をしていたこともあり、すぐに参加申し込みをしました。


座学で学んだ肝心の「子育てをラクにする家の整え方」については、後日コノビーさんの寄稿記事のネタにしようと思ってますので少々お待ちください。(担当様、遅くなっててすいません)

その記事からはこぼれたものの、座談会でお話しして面白かった話題をいくつかご紹介します。

ツイッターなどで小学生ママさんのお話を読むことはあったんですが、実際に小学生のママさんと会って家庭のことについてガッツリ会話をする機会って意外と無いので、とても新鮮でした。


気づき1「小学生になると報酬のために動けるようになる」

4歳児だとまだ一人でお買い物もできないのでお小遣いといってもいまいちピンとはこないんですよね。そして、まだ体が小さいのでできるお手伝いも限られていて、例えばお風呂掃除とかも危なくて任せられないなーと思ってます。
でも、小学生になると体が大きくなるのでできることも増えますし、お小遣いで好きなものを買いに行ったりするんですよねぇ。

ムスメ0歳と比較するとムスコも大分大きくなったと思っていたものの、小学生に比べるとまだまだチビッコなんだなぁと思いました。

気づき2「テスト捨ててもいい説」

小学生に上がると、とにかく持って帰ってくるプリントが大量と聞きました。
多くて一日3枚週に3回とか。。
さらに、きょうだいが増えればそれが二倍になって、ダイニングテーブルを常に占拠しているというお話を聞きました。。

保育園のおたよりは月一くらいで少ないのに、結構テーブルの上に放置しがちにしているのでなんとか先に手を打っておかないと大変なことになりそうです...!

なお、「テストは余程良い点数か余程悪い点数出ない限りはバンバン捨てても平気」というお話を聞きました。一年生くらいの間は様子を見つつ、信じてバンバン捨ててみようかしら。

気づき3「リビング学習の意外な盲点」

ツイッターでもちょっと話していたことです。
最近は学習机を買わずにリビングで宿題などをするというのが増えているそうです。ただ、ダイニングテーブルで宿題をした場合、いちいちそれを片付けさせるのが意外とストレスがたまるとか...!ご飯と宿題、どちらがずれ込んでも「ちょっとどかして〜」と言い合うことになったりして地味〜に大変というのはなるほどと思ってしまいました。

それと、私自身青春時代に自室の学習机で親兄弟に見つからないようにコソコソと漫画描いたり小説描いたりしていたクチなので、学習机がないのはそれはそれでかわいそうな気もしました。まぁそれは自分の部屋さえあれば、どうにかなりそうな気もしますが...

私が小さい頃は小一にあがるときにランドセルと学習机を買ってもらうのが結構主流だったと思うんですが、最近の小学生の学習机事情ってどうなってるんですかね??



--

0歳児の似顔絵が作れるジェネレーターです

--
なんでも爆発させるおばかジョークサイトはこちら。

hero-img.png

--

「ベビーカーで来店OKマーク」配布サイトオープン

↓こちらからどうぞ!

instabanner.png

インスタグラムはじめました。
フォローお願いします!目指せ10000フォロワー!

--

過去の人気記事はこちらから

※ LINEスタンプ発売中です。(おにぎりのいそメシです)

suzuriで私が描いたイラストのグッズが購入できます。

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントする