【3歳8ヶ月】アデノウイルスとお盆休みと9ヶ月妊婦母さん その①

adeno1.pngadeno2.pngお盆休み明けからムスコがアデノウイルスで40℃近い高熱を出してました。
本当はお盆に遊びに行った東急電車スタンプラリーやこどもの国の話を描きたかったのですが、ムスコが現在も完治してなくて、あまりゆっくり時間が取れない&気分的に楽しいことが描けないので、開き直ってアデノウイルスに翻弄された記録を何回かに分けてお届けします。

1日目 発症

旦那のお盆休みの最終日。8月14日。
ショッピングモールへ買い物に出かけてました。
そこから帰ってくる途中からやたらと「つかれた、ねむい」を連発していたムスコ。
ただ、今回のお盆休みは結構いろんなところに遊びに行ったので、本当に疲れてるだけだと思ってました。

家に着いたらすぐに寝てしまったのですが、熱がある様子もなく、(まぁ明日から保育園だし早めに寝るのはいいことかな)と思っていたんですよね。
ところが、23時過ぎにハァハァと苦しそうにうなされはじめました。
どうみても顔が赤く、触ると熱い!
熱を測ってみると39.5℃ありました。
ひえー!となって、あわててアイスノンを用意しました。

丁度先月にも同じように夜中に熱を出したことがあったので、一旦様子を見て考えようと、私も眠りました。(先月の時は夜中だけ上がって朝になると下がっていた)
翌日5時過ぎに目が覚めたので、ムスコの体温をはかると37.8℃。
もしかしたらこのまま下がるかも...と思ったのもつかのま、6時過ぎには38.8℃と39℃近くまでまた上がります。やっぱりダメだ、病院に行かないと...と思ったのでした。

お盆の罠

さて、15日はもともと、旦那→仕事、私→妊婦健診、ムスコ→保育園...の予定だったのですが、これは予定通りは無理そうだなと判断します。

まぁまずはムスコの小児科の病院を予約しようと、かかりつけ小児科のネット予約サイトを見たら「お盆休みは8/11〜8/19です」というお知らせを見て愕然とします。
調べて見たら、かかりつけ以外の近所の小児科も軒並みお盆休みです。

その時の私のツイート。


ムスコが病気になるたびに思うんですが、なんでこういう段取り全部私がやらにゃならんのか。。
指示系統を統一した方がいいからとかなんとか旦那がむぐむぐ言っていましたが、私が入院してる時にムスコが病気や怪我したら大丈夫なのかなとちょっと不安です。

引き継ぎ用の指示書でも作っておいた方がいいんだろうか。


そんなこんなで明日へ続きます。

--


(現在妊娠9ヶ月です。→お知らせを見る


--

過去の人気記事はこちらから

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントする