2歳5か月のムスコと一時間遊べる!「これ通るかな?ゲーム」

ムスコ2歳5ヶ月。
雨が多くなるこれからの季節に、室内で、元手をあまりかけずに、それなりに熱中して遊べる遊びができたので書いてみます!

asobi1.pngasobi2.png

遊び方

遊び方としては、レゴやつみきなどを筒の中に入れて、下の箱までストーンとさせるだけなのですが、こんな風に声をかけてみました。
asobi3.pngそうすると、単調なブロック通しの遊びではなくて、家の中にあるブロックや積み木のそれが通ってどれが通らないのかを検証したい!という気持ちなるようでした。
実験くんモードというところでしょうか。

asobi4.pngレゴブロックのデュプロはトイレットペーパーの芯に入るか入らないかのちょうど良いサイズで、
一番小さいブロックは入るのですが、2倍の高さのブロックは入りません。
横に長いものは、角度を変えれば入ります。
...といった形で、上手に通せるようにいろいろと工夫をするのが楽しいようです。

あとは、いかに連続して通せるかを試すようになって、複数のブロックをいっぺんに通そうとしたりもしてました。
うちにあるレゴはこちらです。


ブロックに慣れてくると、だんだん何が通って何が通らないかやる前からわかってきてしまうので、ここでアレンジをしていきます。
少し形の変わった積み木だと入るかなー?などといったり、ミニカーなどはものすごい勢いで飛び出すのも面白いです。

asobi5.pngきわめつけは、お手玉や小さいぬいぐるみ、指人形などの布ものです。
これはだいたい途中で詰まってしまいます。

振ったりしても、2歳児のほにゃほにゃした振り方だと上手に出てきません。
asobi6.pngそこで「長い棒」の出番です。
長い棒でつついて出すというのを教えると上手にスポーンと出てきます。
これがなかなか爽快らしく、「出たねー!」と褒めると誇らしげにしていました。

---

なんどもできる遊びではないのですが(うちは粗方通し尽くしたのでもうやらないかも...^^;)ペーパー芯とブロックがあれば0円でできる遊びなので、雨の日に子どもと二人きりのときの家遊びのバリエーションの一つになればいいかなーと思います。

「入るかなー入らないかなー?」というのが、意外と微妙なラインで、親も割と楽しめました。簡単な遊びですが、子どもにとっては試して結果が出るというのが面白かったみたいで、途中でいやいやも出ずに遊べました。
ご参考になれば!

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチリと応援よろしくお願いします!

コメントする