保育園初年度(1歳児クラス)ふりかえり〜どれくらい休んだか記録

hoikuensyonendo.png

昨日から2017年度が始まりました。
ムスコも2歳児クラスに進級しました。そこで、保育園の初年度(1歳児クラス)を振り返って見ることにします。
これから復職の方などの参考になれば幸いです。

ムスコは12月生まれなので、4月のタイミングで1歳4ヶ月でしたが、クラスの中で三番目に幼く、入園直前の3月ぐらいでやっとつかまり歩き→ヨチヨチ歩きに変わったくらいでした。

病気との戦いの記録かもしれない

hoikuensyonendo41.png
入園前は「保育園の生活に慣れられなかったら...」とか「ママ友とうまくいかなかったら...」なんてことを気にしていたんですが、その辺のトラブルはほぼなかったです。

保育園の生活は1ヶ月くらいで慣れましたし、今では帰りたくないというくらいです。
1歳児の扱いに関しては保育士さんたちの方がプロなので、とても頼もしかったです。
また、同じクラスのママさんたちのライングループがあるのですが、行事前や感染症が流行している時だけポコンと立ち上がってそれ以外はほとんどやりとりしませんでしたねぇ。

むしろ、とにかく恐ろしかったのは病気でした。

ムスコが元気なのが前提で生活が回っているので、病気になったらすぐにデスマに陥ります。
先日コノビーさんに寄稿した記事(家庭内デスマーチに陥った我が家。救世主は旦那でした...!)にも書きましたが、なんとかやってこれているのは旦那がそういう時に仕事に逃げるのではなくて、家庭に向き合ってくれたからかなと思います。
特に1月は息子から感染して私も本気でダウンしていたので、旦那がいなかったらやばかったです。

保育園に入ってから病気の情報(流行してる感染症、予防法)の収集力は格段にあがりましたし、電動鼻吸い機も買い、病児保育も登録し、子供の救急や、週末医療機関などに関する知識が増えました。

会社をどれくらい休んだか

hoikuensyonendo40.png
さて、初年度、どれくらい会社を休んだか出して見ました。
4月は育休を延長していたので5月からのカウントです。

4月5月6月7月8月9月
- 0 2 3 3 6
10月11月12月1月2月3月
1 3 2 6 1 3


※5月は0になってますが、発熱によるお迎えに2回ほどいってます。
※9月は、旦那が2日休み、1回病児保育も利用でした。
※1月にも、旦那も1回休み、1回病児保育を利用してます。

合計で、私単体で30日休んでます。
旦那3回、病児保育2回、も入れると35日。
他にもお迎えによる早退も3回。私が風邪引いて休んだのが二日あったのでそれを引くと子のお休みは36日になるのかな。

これでも息子は割と健康優良児なので...1歳児はだいたい年間40日くらいは体調を崩すってことみたいです。

まとめ

親としてはいろんなものに頼ることを学んだ一年でした。
どうがんばっても母親だけではどうにもなりませんでしたね...。
保育園、病院、病児保育、職場、旦那の職場、ネットスーパー、アマゾン・楽天、区役所...と、関係各所との調整力が上がった気がします。昔は電話が苦手だったけど、もう電話しないとやっていけないですしね。


この間ツイッターでつぶやいていた「育児は仕事の役に立つ」という本にも書いてあったんですが、そういう能力は爆上がりしてる気がします。

色々と大変なこともありますが、なんとか今年度もやっていけそうです。

月ごとの振り返り


4月

hoikuensyonendo4.png
4月の入園式では年長クラスの子達から歌とメダルのプレゼントをもらいました。
まだ親と親戚、親の友達以外の人にはほとんど会ったことがなかったので、たくさんの人に囲まれて入園式は常に落ち着きがなく、時には泣いたりしていましたね...。
入園式の日の記事はこちら

それと、保育園に行きはじめてから鼻水ずるずるが止まらなくなり、仕事があるので耳鼻科にも行きづらいので、電動鼻吸い機も4月に買いました。
電動鼻吸い機の記事はこちら

5月

5月のGW明けから復職をしたのですが、その後早速一家全滅しました
幸い土日に体調を崩したので平日は保育園も会社も休まずにすみました。

6月


6月、一歳半検診で発語で引っかかりました。それ以外にも、保育園でもちょっと落ち着きがないかも?という注意を受けたりと、発達面が少し気になった頃でした。
この頃、母もこれまでの仕事から、新しい職場に異動になったりで、かなり思い悩んでいた時期でした。

7月

7月に入り、ムスコも私も風邪を引いてました。保育園ではプールが始まりました。
最初水泳用オムツを履いてのプールなのかな?と思っていたのですが、普通に水着だけで入ってました。ムスコの通う園では夏になると外遊びの代わりにほぼ毎日プールになるということも、7月になって初めて知りました。水着を2枚買って毎日ローテしました。

8月


8月になって、ムスコが一時期夜驚症気味に夜中暴れていました
これまでは、割となんでも素直な良い子だったのが、気に入らないことがあると大暴れするようにもなり、保育園に通った中で、お友達や上のクラスの子達、先生方との人間関係が築かれる中で、だんだんと自我が芽生えてきたのを感じました。
私は新しい職場にだんだん慣れてきた頃でした。

9月

9月は、遂に初家庭内デスマーチになりました。
ムスコの熱が全然下がらず会社を私が6日、旦那が1日休み、病児保育も利用しました。(病児保育の利用レポはこちら)結構悲惨だった思い出があったのですが、意外とブログは楽しそうでした。うーん、現実逃避かな...。

10月


10月は9月の反動かムスコは元気いっぱいでした。
初めての運動会も無事に終了しました。
ムスコが嘘をつくことを覚えたりと、だんだんムスコが幼児になっていきました。
また、これまで保育園の行きも帰りもベビーカーに載せていたのですが、帰りは歩きたいというようになったのもこの時期でした。

11月

11月は、保育園で手洗いうがいを学んできました。家でも実践するようになった効果か、ノロも中らず、インフルにもかからずにすみました。多少風邪は引きましたが...^^;
保育園の個人面談もありました。

12月


12月はムスコの初めての発表会でした。
とにかく幼児クラスの合奏では涙が抑えきれなくなりました。頑張っている子どもを見ると涙腺が崩壊するのを実感したのでした。

1月


1月。2度目の家庭内デスマーチでした。
ムスコはおそらくウイルス性の風邪だったのですが、その後に親が二人とも体調を崩し、大変な目にあいました。

ムスコの病後、今度は私が発熱してしまったのもこの時でした。
しかし仕事の納期が迫っていたので37度代に下がった段階で無理やり出社して、残業までして制作物はなんとか作り切ったものの、翌日39度近くまで熱が上がってしまいました。

Webページの制作案件だったのですが、制作物のリリース(ウェブへの公開)は他の方にお任せするということになり、申し訳ないやら悔しいやらで朦朧としながら落ち込んでました。私の熱はその後一週間下がらず、病院に何軒か行って風邪から副鼻腔炎を併発していたことがわかりました。

原因がわかって私の病気が治り始めた頃に今度は旦那も発熱。
病人が病人を看病するのはもう2度と経験したくないくらいしんどいですね(でもこれからもあるんだろうな...)1月はあまりにもしんどくてブログ記事も少ないのですが、こんな理由でした。

2月


2月は1月とうって変わって平和でしたが、ムスコが遂にガチのイヤイヤ期に突入し、私もムスコに怒鳴って怒ってしまうなど、あんまり心に余裕はなかったですね。。
ただ、反面ムスコは電車がかなり好きというキャラクターができてきて、保育園でもそれを活用して例えばイヤイヤしているときに「新幹線みたいにビューンっておいで!」などと声をかけるなどしていただいたようでした。ムスコはムスコで都内の東京メトロの路線の色と名前をどんどん覚えていったりと、興味のあるものが出てきた時期でした。

3月

3月は、初旬に突発性発疹にかかり、これまた結構大変でした。
突発は症状したいは2〜3日で治ったのですが、その後の不機嫌とお腹の緩さがしんどかったですね。。保育士さんからも「あんまり嫌がるようだったら、普通保育より病児保育を利用していただいた方が本人にもいいかも...」と言われるほどでした。。

コメントする