【2歳】ムスコの初めての発表会

土曜日はムスコの保育園で初めての発表会でした。
息子のいる1歳児クラスは名前を呼ばれて返事をするだけの簡単な劇でした。
生まれて初めて大勢の大人の前に立つちびっこたち...。

happyoukai03.jpg幕の後ろから泣き声が止まず、保護者同士顔を見合わせて「うちの子かも?」「うちの子かも?」とざわめきました。

幕が開くと、あまりに大勢の大人(とカメラ)に固まる1歳児達。

そんな中、真ん中あたりに居たうちのムスコは舞台前方に向かって走り出そうとしたところを先生に止められて、座り込んで大号泣。泣きやまないので、なんと一番端の子とチェンジになりました...む、ムスコよ...とほほい

happyoukai02.jpg

その後も、ずっと先生の膝の上で泣き続け、初めての発表会は泣いたままで終わってしまったのでした(笑)

happyoukai01.jpgうちが一番激しかったものの、みんな棒立ちか涙をこらえているかで、可愛いんだけどなんだかかわいそうな感じが「泣き相撲」を見てるみたいでした。
ああ、もし相撲だったらうちのムスコは横綱でしたね...。


そのあとは2歳児クラスの発表や、幼児クラスの合奏と劇なども見ました。
2歳児クラスは直前の週にほとんど全員が交代でインフルエンザにかかっていたのでダンスがうまく踊れない部分もあったのですが、インフルエンザで揃って練習できなかった中こんなに頑張っている〜と思うと涙、涙でした。

そして3歳以上の幼児クラスの合奏と劇は、よその子ながら「ああ...!みんなこんなに頑張って!!」と思うと涙腺が崩壊でした。お母さんはみんな泣いてたような気がします。
産後子どもが頑張ってる姿を見ると涙が出てしょうがないこの現象は一体なんなんでしょうね?

コメントする