32歳にして初の親知らず抜歯レポート【追記あり】

DSC_2562.JPG

去年の4月ごろ記事にしたのですがムスコ出産後に親知らずが生えてきました。

割とまっすぐ生えていたのですが、歯医者さんで検診をしていただいた時に「歯の一部が歯茎の中に埋まってしまっているので虫歯になりやすい」と指摘され、じゃあ悪くなる前に抜こうということで昨日抜いてきました。

32歳にして乳歯以外では初めての抜歯!恐怖!


抜くのはすんなりで、麻酔→歯を二つに砕く→抜く→切れた歯茎を縫合(1針)という流れだったのですが、麻酔がガッツリ効いているのでほとんど痛みは感じませんでした。
最後に大きな歯片を抜く時にぐいいいいいいいっと顎を押された時に顎が外れそうで痛かったくらいでそれ以外はそこまででもなかったです。
多分本当にまっすぐ生えていたんだなーと思います。

さて、収穫された歯は二つに割れていましたが、まぁ立派なこと立派なこと。
思わず貰ってしまったのが写真の通りです。(中に歯が入っているのですが、肉片が付いていてかなりグロいので公開は控えます(ゾワッ))

お薬が出ました。抜歯後のあれこれ。

抗生物質と痛み止め、血が出てきた時用のガーゼをもらって診察は終わり。
抜歯とはいえ外科手術の一種なので、安静にすること、アルコールは避けること、風呂の長湯は避けることなど注意をうけました。
それから、月曜の朝に消毒に行き、来週に抜糸だそうです。
思ってたよりずっと時間がかかることにびっくりです...月曜の午前中仕事休まないと...ぐぬぬ。


麻酔が切れたらとにかく痛い

さて...それから3時間後、麻酔が切れてきました。

すると徐々に痛み出しまして...

患部は、歯茎の中に口内炎がある感じのジクジクした痛み、それからまわりの上顎、ほっぺたの内側、周辺の歯のあたりなどもなんとなくじわじわひりひり痛みます。
そして、油断すると広がる血の味...。(滲み出る程度の出血は気にしなくて良いそうです。ドバドバ出てきたらガーゼを噛んでくださいと言われました。)
あまりに痛くて1つ目の痛み止めを飲みました。

夕飯はダンナさんに牛丼を買ってきてもらってムスコとダンナさんはそれで、私は口の中が痛くてしみそうだったので家に常備してあったお粥と豆腐を食べました。ご飯の後に二つ目の痛み止めと、抗生物質を服用。

それからフリータイムですが、ムスコがいつにも増して私とスキンシップを取りたがり、とにかく私の上に登ります。膝が顎にヒット、ほっぺたをつねられるなど、容赦ない攻撃に音を上げて、ダンナにバトンタッチするのですがまた私のところへやってきます。
なんなんだ!

風呂と寝かしつけはダンナさんにお願いし、二人とも寝てしまったタイミングで私もお風呂に入ったのですが、入った瞬間に口の中に広がる鉄の味!
血行が良くなって口内に出血!!

もうこれはダメだと、諦めて早々に寝ました...。。。

おわりに


結構軽い抜歯でもこんな感じになったので、これから親知らずを抜く方、あらかじめ十分に休める環境を用意しておいたほうがいいですよ...!
抜いた後は本当に辛いっす...!!

1日あけて、朝になり、多少痛みは収まりましたが、痛み止めは欠かせない感じです。。

--

そんなわけで親知らず抜歯レポートでした。
気をつけなはれや!

追記

ちょっと追記です。

昼を過ぎて、痛みが引きましたー!万歳!
なんとなく、しみていたところがふさがったのかな?という感じがします。
水とか飲んでも痛くありません!

32歳の健康な母は大体丸一日で痛みが引くみたいです!ひゃっほい!