胃腸炎パンデミックとムスコの一升餅

ムスコが誕生日の12月8日にウイルス性の胃腸炎にかかった話の途中でしたが、その後まんまと感染しまして、丸々二日ほど寝込んでおりました。一言で言うと死ぬかと思った
イラストを描く余裕がなくて文字ばかりですが、とりあえず他に書くこともないので書きました。
よかったらご覧ください。

12月10日 発症

発病したのは12月10日の夜23時頃、翌日の漫画の予約投稿が終わったあたりに突然胃のあたりがムカムカとしてきまして、あっという間に吐き気に変わり、嘔吐。

しかし、ムスコの看病で若干ネジが飛んでいたのかのん気に「あれー食べ過ぎたかな?」なんて思って、お茶を飲んだところさらに続けざまに吐き気が襲って、二度嘔吐。
この辺りで嫌な予感がしてきたものの、その後追い討ちをかけるようにさらに二度嘔吐し、もはや緑色の液体しか出てこない状態に。

しかし胃が空っぽになったからか、それ以上の吐き気は出てこなかったので、軽く口をゆすいでそのまま就寝。
夜間にムスコがぐずったので二度授乳。どうやらそれがまずかったのです、

12月11日 極度の脱水症状

翌日。
頭痛と吐き気と胃腸の膨満感、それから手足の痺れで起き上がれず。
胃腸炎+極度の脱水症状でした。

旦那さんも朝から多少腹痛があるようなことを言っていたようですが、外せない出張があったためヨロヨロと出かけて行きました。

ちょうどこの日、私も職場に用事があり、母に午後からムスコの面倒をみてもらうことにしていました。
そのため職場の用事は病欠させてもらい、とりあえず母が来るまでひたすら待つことに。

何しろ座っているのすら辛い状態でした。
ネットで調べたCpicon まるでポカリのような、経口補水液 by るんマリのレシピを見てフラフラしながら作ります。
近くの自動販売機に行くのも無理でなんとか家の中で、水道水で作りました。

朝食はムスコにかろうじてバナナをちぎって食べさせた後、リビングの狭い範囲を布団とクッションでバリケードにして囲い、ムスコをその中で遊ばせて、私はソファの上でひたすら横になっていました。
ムスコは「ピタゴラスイッチ」と「デザインあ」の録画を見せておけば大人しくしていてくれるので助かりました。

昼食の時間になったので、再びムスコにはバナナを食べさせて、朝と同様に横になって母を待ちます。
経口補水液を1リットル飲んでも手足の痺れは収まらず。
原因は授乳だということはわかっていますが、離乳食を食べさせる気力がないので、これ以外にムスコの空腹を紛らわせる手段もなく...脱水が悪化する一方です。

2時過ぎに母が来たのでムスコの面倒を見てもらい、しばらく寝室で休んだものの、やはりよくならず。
家で養生していてもダメだということで、近くの内科に行くことにしました。

内科では「ムスコさんの胃腸炎がうつったんでしょう」と、整腸剤と吐き気止めをもらい、帰宅し飲んで横になってその日は夕方からそのまま就寝しました。
その間に旦那さんが帰宅し、母とバトンタッチをしたそうです。

12月12日 午前中は動けず、マッサージが有効!?

前日よりはマシになっていたものの、やはり吐き気と頭痛で床から離れられない私。
腹部の膨満感がなくなったのは病院の薬のおかげのようで、残る症状は脱水が主な原因のように思えました。

しかしこの日遠方から義母さんを呼んでムスコの誕生日会をする予定がありました。
旦那さんには前日から「12日の朝の時点でダメだったら中止にしよう」と言っていたのですが、なぜか旦那さんが頑なに中止を嫌がりまして。

午前中、私が寝室で臥せっている間に家事をバタバタとこなしていき、お昼頃に寝室を訪れました。
で、「脱水症状は、もう充分水分を取っているから、代謝が問題なんだよ」とかなんとか言いながら、私の体をぐいぐいとマッサージしはじめまして、そしたら少しずつ頭痛と吐き気が取れていくではないですか!

なんとか起き上がれるまでに回復したのでその後急いで準備をして、そのまま誕生日会を強行開催しました。
要は、ずっと寝ているせいで代謝が悪くなり毒素を排出する力が弱まっているから、体を動かして活動をすることで代謝を上げて身体中に水分を回して毒素を排出させたということらしいですが......荒療治!

そうこうしている間に義母さんがいらっしゃいました。
「そんなに、無理しないで中止にしてくれてよかったんだよ〜!」となんども言ってくださって、申し訳ないやら情けないやら...なんだか行事のたびに病気になる嫁ですいません...!!

そしてムスコの一升餅や選び取りをしました。
とはいえ、まだ本調子でないためムスコの一升餅の後にまた具合が悪くなる私。
旦那さんと義母さんにムスコを任せて寝室で休憩しながらの誕生会でした。

誕生会って、ご飯はどうしたの?と疑問に思われるかもしれません。
実は、ご飯は旦那さんのお祖母様と叔母様(ムスコのひいお祖母様と大叔母さま)がお赤飯と煮しめを送ってくださったのでした!その料理と、出前でなんとかなりました。
私が何も料理してないのに豪華なご飯でお祝いすることができて...!本当に助かりました。ありがとうございます。

ムスコの散々なバースデーウィークは、周りの方の温かいご支援・ご協力のお陰で素敵なものになりました。

一升餅と選び取り

さて、皆さんが気になっていたかと思いますが、友人のまるさんに作っていただいた、一升餅用のリュック。

これがどうなったかと言いますと...こうなりました。

issyoumoti.jpg

なんかいそメシの顔がみょーんと下に伸びてるー!

やはり2kgの餅は重かった...笑
でもかといって全く壊れることもなく、丈夫でした!さすがまるさんでしたよ〜。

ムスコの方もつかまり歩きでひょいひょいひょいと難なく歩き回ってくれまして、さすが体が大きめなだけあるな!とみんなで笑っていました。

そして選び取り。
これはいろんな品物を用意して、子どもに無作為に選ばせてどれを選んだかによってムスコの将来を占うというものです。
面白いものを用意する余裕がなく、結局オーソドックスな品になりましたが...

ボール → スポーツの才能あり
定規 → 几帳面でしっかり者
本 → 成績優秀
財布 → お金持ちになれる
箸 → 一生食べ物に困らない
筆 → 芸術や物書きの才能あり
電卓 → 商売上手の才能あり

erabitori1.png
erabitori2.png
erabitori3.png
結果、まっしぐらに財布に向かいました。

まぁ、財布だけ旦那さんの普段使いだったというのもあると思いますが。笑
次が箸でした。

お金と食べ物に困らない一生...悪くないですね!

一升餅と選び取り、地域によって色々とやり方は異なるようですが、うちはこんな感じでやってみました〜。

まぁとりあえず言えることは、皆さん胃腸炎には本当にお気をつけ下さいね!ということです。
とくに行事の前後には!人の集まるところにいかない!手洗いうがいを徹底する!

 

 


↓各種ランキング参加中です↓
1日1回クリックしていただけると励みになります!

コメントする