【ごはんネタ】旦那さんが一ヶ月研究した我が家の定番カレー(じゃが無し)

curry_1.png我が家のカレーは旦那さんのレシピで作っています。なんでも大学時代に友達と一ヶ月間様々なカレーを作った上で、一番好きなレシピなんだそうです。

一緒に暮らし始めて間もなく、私が普通のカレーを作って出したところ、

curry_2.png

まさかのダメ出し...!


「いやいや、カレーの箱の裏に書いてある通りに作ってるじゃん!ドロドロのカレー美味しいじゃん!」

と食い下がったところ

curry_3.png

美味しんぼか...!

そんなこんなで教えてもらって作ったところ、悔しいことに美味しくて、うちの定番になったのでした。

そんなカレーのレシピを教えて欲しいとリクエストいただいたので紹介します。
(といっても水の代わりにあるものを使うこと以外はほとんど普通と一緒です)

材料

カレー

  1. カレールー(市販品一箱/こくまろとか安いのでOK)
  2. 無塩トマトジュース(1リットル)又はカットトマト缶詰(2個)
  3. 鶏胸肉(2〜300g)
  4. 玉ねぎ(1個)
  5. 人参(半分)
  6. ニンニク(1~2かけら)
  7. トマト(1個)
  8. ナス(2〜3個)
  9. 固形コンソメ(1個)

トッピング

アスパラ、オクラ、かぼちゃスライス、じゃが芋、さつまいもなどお好みで

作り方

  1. 玉ねぎを薄くスライス、人参は乱切り、ニンニクはみじん切り、ナスは半月切り、トマトはくし切りにする。鶏胸肉は一口大に切る(キッチンバサミで切ると楽)
  2. 火は中火で大きめの鍋にサラダ油を温め、みじん切りにしたニンニクを炒める。
    ニンニクの香りが出てきたら、玉ねぎ、人参を投入。玉ねぎの色が変わったら肉、ナスを投入。
  3. しばらくかき混ぜて、ざっと油が絡んだらトマトジュース とトマト、コンソメを投入。
  4. 沸騰したら弱火にして20分以上煮る。
  5. この間にトッピング用の具材を素揚げする。(油が気になる場合は蒸しても良いが、水が出ないようにする)
  6. 20分以上経って、具材がしっかり柔らかくなったら火を止めてルーを投入し溶かす。再び火をつけて満遍なくルーが絡んだら火を止めて少し置いておく。(少しおいたほうが味がしみるらしい)
  7. お皿にごはんを盛って、カレーをかけて、トッピングを載せたらできあがり!

そんなわけで、トマトジュースまたはカットトマト缶で野菜を煮ると美味しくできます。
普通の水で作る時より少し水分が少なくなるので、適宜水を足します。
(出来上がった時に濃いかもと思ったら水を足してもう一度煮るくらいの感じで良いですよ〜)

味はかなりさっぱりしているのでどんどん食べれます。トマトの味はあんまり感じず、旨味だけ出てるような気がします。もちろん普通のカレーと食べ比べたらトマトの味はすると思いますが、単体で食べてもあんまり分かりません。


【オフ会レポート番外編】

この間オフ会をさせていただいたチカ母さんが、私のことを桐谷美玲と言ってtwitterで話題になってましたが...
(ちなみに桐谷美玲は全くの大嘘ですよ。実物はマダツボミに似てると旦那が言ってました。)

私のほうからのガチの第一印象は

offkai_bangai1.png

という感じでした。
二人とも濃いめのお顔立ち。ハーフ?と言われるのも納得です(→チカ母さんのブログでチェック)。

そこから徐々にぼやーっと

offkai_3.png

あ、日本人だったわー!よく見たらチカ母さんだわー!という感じでした。


チカちゃんはブログの四コマ漫画で見た通りの動き!
「へむー!」という声が聞けたり、階段を降りて見せてくれたり、ブログのアレが現実だとこれかー!と思ってホクホクしました。

コメントする