ムスコと頭の形の話その1

半年後の振り返り漫画を書いています。

ムスコと頭の形の話その2 2016/1/19


今回のまんがは7月初旬のことです。


ムスコの頭の形がゆがんでいることを巡って旦那とケンカをしました。
育児関係でケンカをしたのはこれが初めてです。
なお、既にこの件についてはうちの中で結論は出ていて、ケンカも仲直り済みなので心配しないでください。

155_1.jpg

旦那の何気なく言った「思春期にムスコが悩んだら、何もしなかったお母さんのせい」という言葉で火がつきました。

155_12.jpg

ひとしきり言い合いをしたものの、腹の虫がおさまらずツイッターに愚痴トークをぶちまけた私。
そうすると、フォロワーさんから赤ちゃんの頭の形を矯正することについて詳しく説明している漫画を紹介していただきました。

すくぱら倶楽部で連載されていた、「家庭のゆがみを直し中!山田可南)」という漫画です。(最終話のみ一般公開。それ以外は無料で会員登録すると読めます。2012年の話なので2015年現在とは若干違う部分もありますが、とても参考になりました。なにより漫画なので読みやすい!)
頭の形の矯正は日本だとまだあまり広まっていないこと、医療行為なので手軽にはできないこと、40万円近くかかることなどがわかりました。

更にそこから調べると赤ちゃんの頭の形矯正を専門にしている会社のサイトにたどりつきました。AHS Japanという会社です。

事例をみると、ムスコの頭の形と似たようなものも紹介されていました...。

155_2.jpg

...というわけで、実は先月ムスコの頭の形の測定に行ってまいりました!

結論だけ先に言うと、測定した結果ゆがみの度合いは5段階で3〜4の間で極めて微妙なラインでした
右後頭部が凹んでいること以外は、前から見てもゆがみはありませんでした(ゆがみが顔にも影響していると耳の位置などがずれてくることがあるそうです)


そのため、夫婦で話し合って

  1. ヘルメット代が40万円近くかかる
  2. 既に7ヶ月なのでこれから矯正を始めても完全な球形になるとは限らない
  3. これから夏なので蒸れが心配
  4. 世間の目もちょっと気になる、そしていろいろと面倒臭い

という点により、ヘルメット治療は行わないことで合意しました。

ゆがみの度合いを数値で見れたことで「これくらいなら、今後頭のサイズが大きくなって髪の毛が生えてきたらほとんど気にならなくなるのではないか」という職員さんの言葉が説得力を持ってすっと腹に落ちました。旦那も納得したようです。

主観だけだと平行線だった議論が数値が出たことでうまく終結したのがとても良かったです。

---

というわけで、次回は頭の形を測定した時に聞いたいろいろな面白い話をご紹介します。
例えば3ヶ月くらいまではよく泣く子の方が頭の形が綺麗なことが多いとか...目からウロコでしたので、お楽しみに。

コメントする