オムツトーーク2 アメリカのオムツ事情!

omuto-ku2_top.png

昨日掲載したオムツトークの記事を見て、アメリカ在住のフォロワーさんからアメリカのオムツ事情を教えてもらいました!
日本と全然違っていて面白かったので漫画でお伝えします!
(フォロワーさんが鍵アカなのでイチゴの被り物で出てもらいました)

omuto-ku2_01.jpg

アメリカでは0歳児も靴を履くんですって。
日本の裸足文化からするとかなりビックリですよね。
ちなみにググってみたところ、アメリカでは、靴を履いていないのは「裸で表に出ているような気になる」という人もいる...という話がありました。omuto-ku2_02.jpgオムツ自体が値段高め(0.2〜0.4ドルくらいだそうです)で、プール用のオムツもテープが基本、フローラルな匂いつき(※注意:香りつきなのはパンパースだそうです!アメリカでオムツというとパンパースとHuggiesが二大メーカーなのだそうですが、パンパースが香りつきなんだそうです!Huggiesは無臭なので日本人はこちらを使っている方が多いそうです。情報ありがとうございます。)......などなど衝撃の話がいくつも出てきました。

追記:プール用オムツは実物の写真をいただきました!

pu-ruomutu2.png
こんな感じで、テープタイプになっているものの、最初からテープがくっついてパンツのように履けるそうです。これはおそらくプール用を履く時は裸足だからじゃないかなとのことです。なるほど...!

あと、huggiesもパンパースも日本にも同じ名前のオムツがありますが、アメリカのものとはいろいろと違うそうですよ!旅行などで行く場合は気になる方は日本から持って行った方が良いかもしれませんし、敢えて異文化を体験してみるのも良いかもしれません!


面白いお話、ありがとうございました!


なお、書くにあたって一応裏取りのために以下のサイトも参考にさせていただきました。もし赤ちゃん連れで海外に行こうとしている方はこんなところも参考にしてはいかがでしょうか。
子連れ旅行者も必見?!アメリカおむつ事情
赤ちゃん用品事情ー紙オムツ〜トイレトレーニングまでー

追記:
さらに驚いたことに、海外だとハイハイ期の赤ちゃんの横で親は土足履きのことも多いようです。
海外の赤ちゃんて、土足のところをはいはいするんですか?
外国の赤ちゃんはどこでハイハイするの? 
これなら家の掃除をしてなくて多少ホコリまみれでも子供はちゃんと育つだろうなーと思ってしまいますね(笑)
(※注意:ちなみに、気を使っている方はお座りの時にタオルを敷いたりもしているそうです。その辺の衛生感覚は人によるようですね。とはいえ図書館などの公共施設でも赤ちゃんスペースという名のカーペットスペースは土足で入れてしまうようですよ)
(※注意2:日本人が旅行に行く時にはホテルなども困るそうです。レジャーシートを敷いてその中でハイハイさせるようにしたという話をお聞きしました!)

こういう細かいところって文化によってずいぶん違うんですね〜!
とても面白かったです!

コメントする