【7ヶ月】長野旅行記&ムスコの覚醒

こちらの記事を、MapLifeでリメイクしています!よかったらこちらも是非。

先日ブログでお知らせした通り、長野に2泊3日で旅行に行ってまいりました!

naganotrip000.png7ヶ月のムスコを連れての初めての2泊3日旅行です。

中でも宿泊したホテルは素晴らしかったです。
赤ちゃん歓迎のお宿だったのですが、とにかく細かい気配りが素晴らしく、赤ちゃん連れの方には是非お勧めしたいので、旅行の興奮冷めやらぬうちに記事にしようと思います!

赤ちゃん連れ歓迎の宿(国内)の探し方

他にも色々と方法はあると思うのですが、うちは楽天トラベルを利用して、こんな方法で探しました。

1. まず大まかに行きたい地域を決めておきます。(今回の場合長野)

2. 楽天トラベルを開いて、キーワードから探すの検索欄に「赤ちゃん」と入力します。
naganotrip003.png

3. 全国の「赤ちゃん」向けサービスを実施している宿が出てくるので、「エリアで絞り込む」で県名を絞り込むと行きたい地域の赤ちゃん向けサービス実施の宿を選ぶことができます。

naganotrip004.png

※サービス内容は宿によって大きく違うので、キーワードを「ベビー」「乳児」「幼児」などに変えて子どもに合ったサービスをしている宿が出るように調節すると良いと思います。

こんな旅程で行ってきました

今回の旅のテーマは自然と歴史。
長野県の中でも自然の多い、蓼科高原と諏訪湖の自然で癒されつつ、国宝松本城を訪れて歴史を感じてきました。

naganotrip001.jpg

1日目

諏訪湖(遊覧船)
行きの車が混んでいて遊覧船に乗れませんでした...(><)
本当はでっかい白鳥の船「すわん」に乗りたかった...この見た目は子どもでも楽しめると思ったのです。
諏訪湖インターから撮った諏訪湖はこんな感じでした。
naganotrip002.jpg

天候にも恵まれとても気持ちの良い青空でした。

諏訪大社

諏訪大社は「上社本宮」「上社前宮」「下社春宮」「下社秋宮」の4社からなる神社です。
古くは風と水の守護神で五穀豊穣を祈る神様でしたが、現在では新しいことを始めるときに訪れると良い神様だと言われています。

よくテレビで取り上げられている御柱祭の神社でもあります。7年に1回山から樹齢150年、重さは10トンを超える巨木を諏訪大社の各神社へと曳くこのお祭り、次回の開催は来年平成28年だそうです。

諏訪大社 下社春宮・下社秋宮
naganotrip007.jpg

諏訪大社4社の中では、家庭運・結婚運を高める力があると言われています。(参考

諏訪大社の見所は、何と言っても何でもかんでもデカイところです!
みてくださいこの石灯籠!パースが狂ってるみたいに見えます。
naganotrip005.jpg

それから、夜泣きを治めてくれる御神木もありました。
こういうものがあるのも「家庭運」を高める神様ならではというところでしょうか。

naganotrip006.jpg

「芸術は爆発だ!」で有名な岡本太郎が絶賛したと言われる万治の石仏もみてきましたよ!
naganotrip008.jpg

2日目

松本城
旦那さんが行きたがっていた国宝松本城に行きました。
naganotrip013.jpg
ムスコを抱っこしたまま天守閣まで登ったのですが、6階建・エレベーター無し・昔ながらの狭くて急すぎる階段というかなり厳しい状況の中、欧米系の外国人(ふくよかな人が多数)が先に入って行ったため、尻が頭上から次々に降りてくるという、レアな経験ができました。
naganotrip009.png

加えて、9キロのムスコを前向き抱っこしたまま急な階段を6階分、降りてくる尻を避けながら登るという重労働によって、天守閣に着いた時にはこんな感じになってました。
naganotrip011.png

正直、抱っこ紐で登るのは危険なのであまりお勧めできません。

松本市内

松本城の後は市内のお店を散策しました。
縄手通りという、川沿いののれん街がかわいらしくておもしろかったです。

3日目

御射鹿池(みしゃかいけ)

東山魁夷という有名な画家の「緑響く」のモデルとなった(と言われている)池に行きました。
facebooktop.jpg言葉を失う美しさでした...!
水面に緑が鏡のように反射して、兎にも角にも美しい...!筆舌に尽くしがたい美しさでした。

ただ、正直子連れにはあまりお勧めできないポイントがあります。
一つ目はしっかりと整備された観光地では無いので、柵がありません。
走り回る幼児だとかなり危ないかと思います。
二つ目は山道なのでベビーカーでの侵入はできません。
三つ目はいまのような夏の時期は
スズメバチやアブなどの危険な虫もかなりいました。

至れり尽くせりの宿!

さて、今回宿泊したホテルは蓼科温泉ホテル親湯(しんゆ)です。

ここの、赤ちゃん大満足プランを利用したのですが、これが本当に良かったのでおしらせしますね。

まず上記のサイトにも説明されている、「朝夕部屋食」「オムツ・離乳食・ミルクはホテル側が用意」「12畳広い部屋に、防菌防カビの畳」「温泉に赤ちゃんも入りやすい」などの特典が赤ちゃん連れの心を鷲掴みにします。

その上、細かい心配りが本当に行き届いています。

まず出発の数日前に直接お電話をいただきました。
赤ちゃんのオムツの銘柄とサイズ、アレルギーなどを聞いてくれます。
また月齢を聞かれるので月齢に合った離乳食やベビーグッズを用意してくれました。

続いて、一番驚いたのがコンセントカバー
naganotrip014.JPG
お部屋の赤ちゃんの手が届く所にあるコンセントは全て可愛くカバーされてました!


それと、バンボ
naganotrip015.JPG

部屋食のときに座らせられる他、部屋のお風呂でシャワーを浴びせるのにも使えて大変重宝しました。

また、朝夕のご飯の時には手作りの離乳食を用意していただけたのですが、それとは別に日中観光する時用にキューピーのベビーフードも用意されてました...!

あと、金額は大人二人分だけなのですが、布団とバスタオルは赤ちゃんの分も用意されます。これは本当に助かりました。

他にも赤ちゃん連れの客室が近いので、他の部屋から赤ちゃんの泣き声が薄っすら聞こえたりするので、逆にこちらは気を使わないで済んだり......とにかく行き届いてました!

もう文句なしの五つ星です。
蓼科温泉ホテル 親湯

蓼科温泉ホテル 親湯

1歳未満のお子さんをお持ちで長野に旅行に行こうと思っている方はとてもお勧めですよ〜!

ムスコ覚醒

さてそんな素敵なお宿で過ごしたおかげか、ムスコ畳をえらく気に入りました。
2泊目の夜のこと、突然始めたのです...ずり這いを...!!

naganotrip010.png
そんでもって、小さな物(ボタンやファスナーの金具)に積極的に興味を持って開け閉めまで始めました...!突然の成長っぷりに親二人はびっくりです。

これも旅行の効果かな?と喜んでます。(とはいえホテルに比べると家は大層狭いので...帰ってきてからのこれからが非常に不安ですが・笑)

長くなりましたが、7ヶ月のムスコと行く2泊3日の長野旅行記はこれでおしまいです!読んでいただいてありがとうございました。
余裕があったら持って行ってよかった便利グッズも追記します。

コメントする