【6ヶ月】まんが 育児編76:気をつけよう 梅雨の生もの 食中毒 2

122_top.jpg

食中毒シリーズ第2話です。以前の話はこちらから。

バックナンバー
まんが 育児編75:気をつけよう 梅雨の生もの 食中毒 1


食中毒で全身に蕁麻疹が出てきたわたし。
こんな状態で授乳していいのかが気になったので蕁麻疹以外に特に症状は出ていないものの、とりあえず病院に聞いてみようと思いました。

122_1.jpg

まず蕁麻疹の出た食中毒って何科にいけばいいのかがわかりませんでした。
内科?消化器科?皮膚科?おそらくお土産のせいだとは思うものの、はっきりと原因がわからないので判断のしようがなく、救急医療情報センターに電話して聞いてみることにしました。

救急医療情報センターですが、まずなかなか繋がりません。4回電話してやっとつながりました。
で、案内されたのが内科のある総合病院の救急外来。そこに電話してみて、蕁麻疹は見れないと言われたら皮膚科のある総合病院の救急外来に電話してみてくださいとのことでした。

自分としては、蕁麻疹を直すことより、この状態で授乳していいかどうかが一番気になったのでそれを聞いてみたところ、このコールセンターでは病状に関することには一切答えられないと言われてしまいました。。

医療者でない人が下手なアドバイスをして酷くなったら責任が取れないだろうし、事情は非常によくわかるのですが、切羽詰まっていた当時は「使えねぇ!」と思ってしまいました。

122_2.jpgで、案内された総合病院に電話すると救急外来になりますよと言われます。
正直救急ってほどだろうか...という疑問はあったのですが、漫画の通り授乳していいかどうかは先生に聞いてみないとわからないと言われてしまったので行かざるを得なくなりました。

そうこう言っているうちにだんだん症状も引き始めてきまして(...なんか無駄に大事になってる気がする...)と思いつつ、タクシーを呼ぶのでした。

次回へ続く!

コメントする