【6ヶ月】まんが 育児編68:図書館の攻防

114_top.jpg114.jpgムスコとはじめて図書館に行ってきました。
まだ言葉がわからない赤ちゃんは擬音語や、言葉を繰り返す絵本が良いと聞いていたので、そういう本を何冊かピックアップして読み聞かせスペースで読む事にしました。

1冊目はこちら。

プアー あかちゃんの絵本 / 長新太 【絵本】

プアー あかちゃんの絵本 / 長新太 【絵本】
価格:864円(税込、送料別)

 

えーこの「プアー」という本、文章の9割が「プアー」です。

めくってもめくっても「プアー」なので、読んでると壊れたクラクションのようになってしまいます。だんだん周りの親御さんも「この人大丈夫?」という目でちらちらとこちらを見てきましたのでどんどん恥ずかしくなりました...。

動物の鳴き声や、トントン、ジャージャーなどの一般的なオノマトペならまだしも、「プアー」は音だけではなんの音だかわからないですもんね...
なんの音なのかを言うとネタバレになるので、気になる方はこの絵本探してみてくださいませ。

しかし、、、人前で読み聞かせするときには、選ばないと恥ずかしいということがわかりました。

コメントする