【5ヶ月】まんが 育児編59:BCG接種してきました

103_top.jpg103.jpgBCGの集団接種を受けてきました。
予防接種はいくつか受けましたが、今回の接種後が今までで一番泣かれましたね。。
接種の前の待ち時間が長いのもあり、周りの泣き声を聞いて不安が高まっていっているのがよくわかる顔をしてました。「またママにだまされたよ...」という顔でした。。

BCG接種の流れはこんな感じでした。

全体説明
今回の接種の流れの説明でした。

  1. 10日後に注射された後が赤くなったり盛り上がってくるのが正常な反応。4週間後にもっとも強くなり3ヶ月後ぐらいまでには治る。
  2. 10日以内に赤くなったり化膿した場合は、もともと結核に感染していた可能性がある(これをコッホ現象という)のですぐに保健福祉センターへ相談する。
  3. 接種されるのは弱いながらも結核菌なので、触らない。髪が長いお母さんは髪を後ろで結うこと。注射後しばらくは人混みなどに行かないこと。

などなど。

診察
普通に聴診器をお腹に当ててました。
このあと接種する左腕を出すのですが、みんな遠山の金さんのように片腕だけ出して待っている姿はシュールでした。

接種
丸の中に3×3の9本の針が入ったハンコ注射を、左の腕に2回ぎゅっぎゅっと押し付けられます。
押し付けられた瞬間に「ぎゃーーーーー!」と大泣きでした。



乾燥
接種したところにワクチンが付いているので、乾くまで大体5分ほど待機させられました。
5分ほど経って針の跡の周辺があらかた乾いたら、その周りを消毒液の付いたガーゼでさっと拭き取られました。
※ちなみに自治体や病院によっては完全に乾くまでずっと待ってたり、すぐにガーゼで押さえたりと対応方法は様々みたいです。


ちなみに、うちの行政区内でも昨年50人ほど結核の患者が出たそうです。
けして過去の病気ではないですよと言われてちょっとびっくりしました。

コメントする