りんごの香りのバナナ。バナップルを食べてみた。

banaple_top.jpg

久しぶりの食べ物の記事です。
近所のスーパーで売っていて、気になっていた謎のフルーツ。バナップルを食べました。

バナップルとは

販売元のスミフルウェブサイトによると食後のデザートとして開発されたバナナだそうです。

デザートとしての"バナナ"。食後のデザートとしてスミフルが開発した、デザート系バナナです。(販売元のスミフルウェブサイトより)」

デザートだとやたら強調しています。バナナはおやつに入るか論争に決着をつけたいようですね。おやつではなくデザートだと。

「たとえるならキウイのようでもあり、なんとなくパッションフルーツのようでもあり、一瞬なしのようでもあり、はたまたパイナップルのようでもあり。でもなんだかんだと一番近い味は"リンゴ"かなっていう(販売元のスミフルウェブサイトより)」

南国フルーツが一巡してリンゴの味になったそうです。想像できるようなできないような...期待が高まります。

食べてみた

というわけで、早速食べてみます。

大きさは普通のバナナよりも小さいです。大体7割くらいの大きさでしょうか。
ちなみにこの日の値段は普通のバナナと一緒で、一房300円くらいでした。

続いて皮を剥いてみます。

banaple_2.jpg

皮薄〜い。
パッケージが厳重なのも、皮が薄くてなので傷がつきやすいからなんだそうです。
持ち手に力を入れすぎると皮が破けます。ぬるっとなります。
これは、きちんと包丁で食べやすい大きさに切って、フォークで食べることを想定されているんじゃないでしょうか。

では食べてみます。

...もっちり。

普通のバナナに比べてものすごく身が詰まってます。
なんだろう。
普通のバナナをちくわとすると、バナップルはちくわぶって感じ。

味も普通のバナナに比べると非常に濃いです。凝縮したバナナの味。
言うほどリンゴ味はしなかったです。個体差があるのかもしれませんが、私が食べたものはそこまでリンゴ味はせず。

しかし普通のバナナよりも酸味が少し強く、フルーティー感を感じます。結構味の主張が強いので、単体でデザートになれますね。パフェの上に乗ってるとか、チョコケーキの中に入ってるという感じじゃなくて、単品で出ていける感じです。

普通のバナナに比べてリーズナブルではないので、ホイホイと買うわけにはいかないですが、とてもおいしかったです!

コメントする