育児 はじめてのドライブ〜カーシェアで子育てする場合のチャイルドシートの選び方〜

ひとまずカーシェアで子育てをすることにしたのですが、それに当たってチャイルドシートを選ぶ必要がありました。選び方をご紹介します。

※ちなみにこちらの記事から続いています

チャイルドシートの選び方

ベビーシートはコンビのグッドキャリーをレンタルしました。こんなのです。

借りた業者はベビーベッドを借りているホクソンベビーです。

まず、レンタルにした理由ですがチャイルドシートは、子どもの発達段階に応じて三段階あります。

名称特徴使用時期
ベビーシート 首の据わっていない子どもを寝かせるタイプのシート。 〜5、6ヶ月
チャイルド
シート
子どもを座らせるタイプのシート。 5、6ヶ月〜4歳
ジュニア
シート
4歳以上の子どもが備え付けのシートベルトが使えるように座面の高さを調節するタイプのシート。 4歳〜6歳

最初のベビーシートは半年ほどしか使わないので買うのは損かなと思いました。
ちなみにカーシェアの場合ジュニアシートはトランクに備え付けられているので必要ありません。もし必要であれば3年半近く必要になるチャイルドシートだけで良いでしょう。


さて、グッドキャリーを選んだ理由ですが、カーシェアの場合、チャイルドシートやベビーシートは一回ごとに設置する必要があります。

そのため、常に設置しっぱなしにすることを前提にしたシートは選択できません。
台座を座面に固定して、赤ちゃんを乗せる部分だけを取り外しするようなタイプのシートがそれにあたりますが、そういったものは設置が大変なので使えないという感じです。

シートベルトで固定するだけのタイプのベビーシート、チャイルドシートを選ぶ必要があります。ちなみに、シートベルトでの固定方法も「2点式」と「3点式」があるので、利用するシェアカーの種類と利用方法を考えて選ぶ必要があります。

グッドキャリーは3点式専用なので、2点式のシートベルトしかないような車種の場合は使えません。我が家が登録したシェアカーはデミオやノートが使えるところでしたが、使えるかどうかコンビの取り付け車種確認リストで確認しました。

さて、実際に使ってみてですが...

drive2.jpg

めっちゃ重い...!
ベビーカーとベビーシートの同時持ちは10メートルくらいが限度でした。
ここは車と家を何度か往復するか、大人数人で持っていく必要があります。

設置についてはあらかじめ説明書を見ておいたところ5分もかからずスムーズにできました。

ちなみにこのコンビのグッドキャリーは、このベビーシート部分を運べるマルチ5Wayというベビーカーがあります。

もしベビーカーを持っていなければこれを選ぶという選択もありだったかなと思いました。

ドライブ編(2/19)へ続く。

コメントする