育児 0歳児に人気のおもちゃ3選 (我が家調べ)

omotyabest1.jpg日曜に弟夫婦が甥を連れて遊びに来てくれました。
甥っ子はムスコの半年先輩で、生後7ヶ月。喃語をしゃべったり、ママ以外の抱っこでは泣きやまなかったりと、すでに自我が芽生えてきている様子でした。

omotyabest2.jpg

まだハイハイはできず、手足を突っ張るものの、前に進めないという状態の甥っ子。
四つん這いで立ち上がるものの、しばらくしたら諦めてパタリとする様子がとても可愛らしかったです。

omotyabest3.jpg

なお、甥っ子が頑張っている一方で、ムスコは周りの話し声を意に介さずぐっすりと眠っておりました。マイペースなやつです。

0歳児に人気のおもちゃ3選(我が家調べ)

omotyabest4.jpg

さて、ママが二人集まれば、育児の情報交換がはじまります。オムツや抱っこ紐のメーカーごとの違いなどなど...いろいろ面白い話がありました。

その中から今回はうちのムスコと甥っ子にウケたおもちゃのことを紹介します。非常にサンプル数が少ないので、一般化はできませんが、よかったら参考にしてみてください。

 

その1 オーボール(ボーネルンド)

まずはこれ「オーボール」。
赤ちゃん連れのファミリーでは知らない人はいない気がしますので、今更紹介する必要もないかも...。

やわらかい素材でできた穴の空いたボールです。
握力の少ない赤ちゃんでも掴みやすく、舐めても安心。
まだ体ができていない0歳児でも楽しめるようにできているそうです。
値段も手頃な1000円前後です。

omotyabest5.jpg
弟ファミリーではオーボールにプラスチックの鎖をつけて遊んでいました。
鎖をつけると引っ張りっこができるのでより楽しめるようです。

うちのムスコ(2ヶ月)は眠ってしまったので検証できませんでしたが、シャカシャカと音がなるものがあるので以前の自作メリーに一緒にぶら下げておけば楽しめていたのではないかなと思います。

その2 ミルクビンのガラガラ(赤ちゃんの城)

こちらは私の出産祝いにいただいたおもちゃです。
パイル地のミルクビンの中にチャイム系(リンゴロリンゴロという金属系の音)のガラガラが入っています。これが甥っ子に大ヒットでした

omotyabest6.jpg

がっつりと掴んでミルクビンの乳首部分をチュパチュパ、振って音を楽しみ、持ち手を歯固め代わりにガジガジ。
以前、友人のお子さん(この子も7ヶ月でした)が来た時にも同じく大好評だったので7ヶ月頃のお子さんにウケるのかもしれません。

ちなみにムスコ(2ヶ月)はまだ持って遊ぶことができないので、音だけ楽しんでます。

その3 ベッドメリー(タイニーラブ)

以前も紹介したのですが、タイニーラブのテイクアロングモービルというベッドに備えつけるタイプのメリーです。

ぶら下げられたぬいぐるみがゆっくりと回転します。
回転するだけのモードと、音楽とともに回るモードの2つがあります。どちらも30分で自動的にストップします。

ベッドメリーについては気に入る子と気に入らない子の差が激しいようですが、ムスコは非常に気に入ったようで、回転を始めると「ふがふが」と鼻息荒く手足をパタパタさせて喜びます。そして機嫌がよければそのままスヤスヤと眠ってしまいます。

omotyabest7.jpg

料理を作っている時など、手を離せない時におとなしく夢中になってくれるのでとても役立ちます。

初めて見たとき、ぬいぐるみが平面的でなんとなく安っぽいように見えたのですが、そのぬいぐるみが下向きにぶら下げられているところがミソのようです。

仰向けに寝ている子供にとって、自分と目があうように回ってくれているわけでEXILEのチューチュートレイン的なものに見えているのかもしれません(笑)

番外編 おふろえほん

ムスコと甥っ子ではないのですが、知り合いのお子さんがいつも持ち歩いているおもちゃに「お風呂絵本」があるそうです。

本来お風呂で使う絵本で、お湯をかけると消えたり出たりする仕掛けがあるものだそうですが、よだれだらけになったりガジガジしてもさっと水洗いできるのがとても良いとのこと。

お湯をかける仕掛けも、手でこすって温めると出てきたりするそうなので、外でも使えるとか。7〜8ヶ月の子どもと遠出するような時には便利だそうですよ。


omotyabest8.jpg

子ども向けのおもちゃって、すぐに使えなくなるかも...と思うとなかなか買いづらく、結局親は必需品(オムツとかおしりふきとか)ばかり買ってしまいがちです。


なので、あくまで我が家調べですが0歳児が喜んでくれたものをまとめてみました!是非是非参考にしてみてください。

コメントする