カボチャ塩蜂蜜煮(お腹が張って量を食べられない時に)

kabotyahatimitsu.jpg妊娠後期特有のお腹の張りでぐったりしてしまい、あまりご飯らしいご飯も食べたくなかったときのこと。その日たまたま旦那さんも飲み会でご飯が要らなかったので、冷蔵庫に残っていたカボチャ(1/8個)を使って甘い煮物を作りました。

ちなみにかぼちゃは妊娠初期(5ヶ月くらいまで)に赤ちゃんの脳や神経を作る大切な栄養素、「葉酸」の含有量がそこそこ多い上に、食物繊維が豊富なので中期以降の便秘解消にも役に立つそうですよ。

カボチャ塩蜂蜜煮

kabotyahachimitu2.jpg

レシピは例によってクックパッドから。→カボチャのほくほく塩蜂蜜煮

かぼちゃを適度なサイズに切って、皮が浸るくらいまで水を入れて、蜂蜜をまんべんなくかける。
水が沸騰したら塩を振ってアルミ箔で落し蓋。

あとは水がなくなるまで放っておくだけ。
簡単なのでぐったりしているときにもなんとかなりました。

一緒に飲んだのは友達から妊娠祝いでもらったカレルチャペックのハーブティーでした。

パッケージが可愛いですよね。
Good Nightと言ってもらえるとよく眠れそう。

コメントする