砂肝と白ねぎの中華風とエビとチンゲンサイの炒め物とかまろん

sunagimo.jpg

本日のメニューは全体的に中華風にしてみました。
しかしよく見てみると居酒屋で出てきそうなメニューかも。
おいしくいただきました。

砂肝と白ねぎの中華風

sunagimo3.jpg

レシピはこちらを参考にしました。病みつき!簡単!砂肝と白ねぎの中華風(クックパッド)
昨日ソバのかやくとして使った長ネギが残っていたので砂肝と混ぜて和え物に。
ごま油、醤油、鶏ガラスープの素などが入ったシャキシャキした歯ごたえの美味しいおかずでした。

 

エビとチンゲンサイの塩炒め

tingensai.jpg

参考にしたレシピはこちら。簡単☆帆立と小松菜の塩炒め(クックパッド)
本当はホタテで作ろうと思ったのですがホタテが無かった上にエビが安かったのでエビで代用。
ついでに小松菜よりも味が中華っぽいかなという理由でチンゲンサイに変更してみました。
が、小松菜の方がこれはよかったかも。
茎のシャキシャキ感よりも葉のしっとりの方が合ってました。

かまろん

kamaron.jpg

かまろん

3品目は鈴廣のチーカマ、かまろん。名前はおそらくマカロンにかけているんでしょう。
マカロンのようなかまぼこの中にトロトロのチーズが入ってました。
チーズは甘めで子どもがよろこびそうな味です。


NHK きょうの料理の伝説回「塩むすび」を見ながら...

録画していたNHKきょうの料理の伝説回「塩むすび」の回を見ながら今日の夕飯は食べました。
伝説と言われる所以は、出演する先生が番組になるかどうかを心配するツイートをしていたから。

たしかに塩むすびって...料理??
気になったので再放送を録画していたのでした。

実際に見てみたら、料理番組というか、美味しんぼで至高の料理を見ている感覚に近かったかも。
手をしっかり洗いましょうとか、桐の板を用意しておむすびを転がして湿気を逃がすとか。
あとは無理に整形しないで自然のままにすることで新米の味が活きてくるというのも面白かった。

中に何も入っていない塩むすびなのに美味しそうに食べていて、なんだか余計にお腹が空きました。
同時に作っていた味噌おむすびの方は更においしそうでした。
味噌が具で、表面にゴマをまぶして網で焼く焼きおにぎり。もう見ているだけで香ばしさが感じられました。

伝説の「塩むすび」回は、たぶんこちらの雑誌に載っていると思われます。

NHK きょうの料理 2014年 11月号

NHK きょうの料理 2014年 11月号
価格:545円(税込、送料別)


コメントする