出産 予定日が違う?

DSC03207.JPG写真は川崎大師に戌の日参りにいったときの猫です。

通常より大きい...?

30週目の検診で、エコーを見ていたお医者さんが「普通よりも2週間分くらい体が大きい...!?」としきりに首をひねってたことがありました。

各種検査では異常が出ておらず、体重も突然増えたわけでもない。妊娠糖尿病だと胎児が異常に大きくなってしまうことがあるそうですが、そういった兆候は全くありませんでした。

さて、どうしたことだろうということで、次の検診時に経過観察ということになったのですが、次の時もやはり通常よりもやはり2週間分くらい大きいまま。

お医者さんがしばらく悩んでいた後に、ふと「妊娠初期からこちらの病院でしたか?」と聞いてきました。実は最初に妊娠を調べた時は行きつけの婦人科病院だったのですが、そこは産科はやっていなかったので、その次から今の病院に転院してきていました。

そのことを伝えると、お医者さんが「なるほど」と言って、カルテの中から紹介状を探してフムフムとしばらく読んでいました。そして「わかりました」と。

謎がとけた

最初に行ったいつもの婦人科では胎児の大きさを見て予定日を割り出していたんだそうです。しかし、月経周期と最終月経日から算出すると、それよりは一週間予定日が早く出るんだそうです。

そして、現在の胎児の育ち方を見るとどうも月経周期から割り出した予定日の方が近いのではないかということでした。
※胎児の大きさが1週分くらい大きいのは正常の範囲内ということでした。

どうしてこうなった

おそらく最初に行った婦人科の先生は最終月経日から割り出した胎児の大きさに比べて、胎児のサイズが小さかったことと、私の月経周期が普通の人より長め(35日周期。普通は28日とかそれくらい。)ということがあって、今の予定日を設定したんだろうとのことでした。

こんなことあるんですねぇ。
とはいえ1週間の前後については病院側も想定範囲内ということで、予定日の変更はしないでこのまま行きましょうとのことでした。

予定日の変更で影響は?

さて、予定日が変更になったことでどんな影響があったかと言いますと...

特にありませんでした。なーんだ。

11月中に準備は終える予定だったので、必需品は大丈夫でした。

レンタル品についても出産前2週間サービスを利用しているので、もし一週間前倒しになっても大丈夫です。

産休の申請は、出産後に行うので、前倒しになると少し産前休暇の分が損になるのですが、もともと産前休暇の前に有給を使って休みを取っているのでそこもほとんど影響なし。です。

...まぁこういったこともあるので、臨月に入ったらできるだけ何もしないでも過ごせるようにしておくのが良いのかもしれないですね。

コメントする