台風の日のシンプルな餃子

  •  

昨日は台風がくるという事で、一昨日買っておいた餃子の具材をもとに

せっせと餃子を作っておりました。
まずは具材をコネコネ。
中身はキャベツ、ネギ、椎茸、牛豚合い挽き肉、ニンニク、ショウガです。
粘り気が出るまで手でコネコネしたらごま油、醤油、塩こしょうを少々。
こんな感じにまとまってきます。(ちなみに今回は肉が多すぎたみたい。本当は肉:野菜=4:6ぐらいが良いそうですが逆ぐらいの比率でした。)
gyouza.jpg
具材がまとまったら餃子の皮を用意。
餃子の皮は50枚入りを買ってきました。
gyouza2.jpg
余った分は冷凍させるつもりなので、皿に小麦粉を引いてから作業します。
半分でこれくらい。
gyouza3.jpg
餃子のひだをうまくつくるには、餃子の皮の半分にだけ水をつけて、水をつけた方をひだにするのが良いみたい。
肉がはみ出てこないようにぴったりとくっつけます。
そして、フライパンを熱して餃子を並べ、お水を少々。
焼き目がかりかりになるまで焼いたら完成!
gyouza4.jpg
具材が少し余ったので、残った者はチャーハンにして消費しました。
gyouza5.jpg
どうも今回は餃子の具がパサついてしまってちょっと失敗。
もしまたやるなら改善点としては
・肉の割合を減らす
・キャベツではなく白菜にしてみる
・ラードを入れる
などをするといいみたいです。
とはいえまだあと20個くらいのこっているので、水餃子にしたりしながらちょっとずつ消費していきます。

コメントする